アロマセレクト ブログ

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの違い・見分け方
更新日 2016/11/12(土)

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルは何が違うのか?

アロマを楽しみたい、勉強をしたい人。合成香料が含まれない天然成分100%のオイルを購入したい人。最近よく耳にするエッセンシャルオイルのことを知りたい人。

こんな考えや思いをお持ちの方に向けて、精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの違いと見分け方をご紹介します。

 

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの違い

精油(エッセンシャルオイル)は植物に含まれるわずかな量の芳香成分を抽出した天然成分100%のオイルです。合成香料は一切含まれていません。

精油を使ったアロマセラピーには「体や心の不調を改善する作用」があると言われていますが、これは精油の成分(植物の力)によるものです。例えば、ラベンダーの精油の主成分である酢酸リナリルとリナロールには、鎮静、抗痙攣、鎮痛作用があります。

また、精油は手作りコスメやアロマバス、アロマトリートメント(マッサージ)など、直接お肌に塗布して使う事ができます(精油をマッサージや手作りコスメに使う場合はキャリアオイル等で薄めて使います。原液をそのままお肌に塗布する事はできません)。

 

アロマオイルは合成香料を含有するオイルです。香りは精油に似せていますが(実際は似ていないのですが)成分が全く違います。

アロマオイルは香りを楽しむ用途には有効ですが、精油がもたらすような作用はほとんどありません。また、アロマオイルは人工香料ですので直接お肌につけることはできません。

ちなみに、芳香浴は精油とアロマオイルの両方で可能です。ティッシュやコットンに含ませて香りを楽しむ用途においてはアロマオイルの方が香りが長時間持続します。

 

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの見分け方

精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルは外見上はかなり似ていることが多いので間違えて購入される方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントを押さえることで簡単に見分けることが可能です。

 

Point1:瓶
精油は光による品質劣化を防止するために遮光瓶に入っています。

Point2:ラベル
精油は瓶のラベルや箱に「精油」または「エッセンシャルオイル」と必ず書かれています。また、植物の学名、産地、抽出部位、抽出法も記載されています。

Point3:価格
精油は(植物の種類ごとに値段が変わりますが)価格帯としては数mlで数千円。アロマオイルと比較すると総じて高価です。精油の希少性や製造コストなどが価格に影響しています(例えば、私たちAROMA SELECTで抽出しているクロモジの精油5mlには5Kgものクロモジの枝葉を使用します)。

 

AROMA SELECTとは

AROMA SELECTの精油(エッセンシャルオイル)は富山県にそびえる立山山麓の森林の樹木から抽出した純国産の精油です。

AROMA SELECTは森林の豊かな恵みを食い尽くすのではなく、また、手つかずにするでもなく、自然と人間が「共生する」ことを目指し、立山山麓森林組合に協力のもと、森林の保全活動の中で生じる廃棄予定の間伐材を精油の原料として仕入れています。

AROMA SELECTの商品は下記のオンラインショップから購入可能です。

精油の通販AROMA SELECTオンラインショップはこちら

 

精油の他にも、部屋や衣装の香りづけに手軽に使用できるスプレータイプの芳香蒸留水(※)もございます。ぜひ、ご覧いただければと思います。

※精油の抽出過程で植物の精油成分が溶け込んだ、爽やかな香りを放つ『水』で、フローラルウォーターとも呼ばれます。

 

Pocket

注目の精油商品

工場見学会のご案内

抽出作業体験、アロマスプレー作成、足浴体験など
アロマ好きに大好評の工場見学会を実施しています。

Top