アロマセレクト ブログ

インターンシップ林田脩平のアロマブログVol.6~このシチュエーションであなたならどんな精油を置きますか?~
更新日 2017/4/27(木)

最近、オフィス内で精油を使っている企業やお店が多いのではないでしょうか?

今回は、心理面からブログを書いてみました!

 

 

 

社内にあるエレベーターや応接室などの位置を見ると、職場の特色が分かってしまうって知っていますか?

 

 

玄関を入ってエレベーターや応接室、社長室の位置を確かめると、その会社や職場の特色がわかります。
玄関に入っていく人の心理や働いている人の心理が、空間の配置に影響していると言われています。

これは、建物や空間の心理学と呼ばれる分野だそうです。

自社や営業先の会社のフロア、よく通うお店の店内を想像しながら、「どこにどんな種類の精油を置こうかな」と想像しながら読んでいくと面白いと思います!

 

 

 

玄関から入って正面の方向は、安全や防御の心理が働いている

 

 

営業先で、この位置に受付や壁が設けられているところが多いのではないでしょうか?

その理由は、外に向かってガードするという心理が働いているからなのです。

買い物する人が頻繁に出入りするデパートやスーパーマーケットでは、この部分が開放的になっています。デパートやスーパーマーケットに行かれた際に見てみて下さい。

この位置の延長線上に出入口がある場合、無警戒なイメージを与えてしまいます。

このようなところには、気分を落ち着かせる匂いが適してそうですね?

 

 

エントランス

エントランス

 

 

玄関から入って正面の方向は、安全や防御の心理が働いている

 

玄関からみて右側は、全体のシンボルとなりやすいため、会社を訪問する機会がある方は、どんなものが置かれているか、どんな掲示がされているのか見てみて下さい。

置かれているものによっては、会社のイメージを掴むことができます!

デパートやスーパーマーケットでは、一番買いやすい日常的な商品が右側に置かれているため、人の流れが活発になっていると思います。

スーパーの商品と言えば、「新鮮」と連想されるのではないでしょうか?これは、右側に果物、野菜などの新鮮なもの置いているからなんですね(知っていましたか?)。

 

活動意欲が高まるような精油を考えないといけないですね。

 

 

 

玄関から左側は会社の実力が出る

 

玄関から左側は、会社の歩んできた過去や業績を物語りやすいと言われています。

皆さんの会社では、玄関から左側に応接間や守衛室、営業関係の部屋になっているのではなでしょうか?

玄関から左側は、会社の実力を見せようとする心理が働いているそうです。
会社の例えだけになってしまいましたが、実力と言われると気合が入りますね。
会社の実力が表れると言われると、中々難しいですね。

 

ビジネス

ビジネス

 

いかがだったでしょうか?
次回は、建物の中心と出入口から見て左側と右側の印象について書いてみようと思います。

Pocket

Top