アロマセレクト ブログ

ニオイコブシ精油
更新日 2015/11/13(金)

精油をブレンドして使う。これもアロマテラピーの楽しさの一つですよね。

この精油を3滴にあの精油を1滴…どんな香りになるかしらんって想像しながらブレンドするのって

本当に楽しいです♪♪

(時々想像していた香りと違って微妙な香りになる事もありますが、それはそれで楽し)

 

本日紹介する精油はニオイコブシ。

ニオイコブシ精油 全成分:1.8シネオール、ゲラニオール、ネラール、シメン、β-ピネン、サビネン、α-ピネン、テルピネオール、カンフェン、リモネン、r-テルピネン、テルピネン4オール、アネトール、カンファー、リネオール

ニオイコブシ精油
全成分:1.8シネオール、ゲラニアール、ネラール、シメン、β-ピネン、サビネン、α-ピネン、テルピネオール、カンフェン、リモネン、r-テルピネン、テルピネン4オール、アネトール、カンファー、リネオール

 

モクレン科のニオイコブシは春まだ浅い時期に白い花を咲かせます。

精油は枝葉から採れますが、フローラル系のお花にレモンのような柑橘系が合わさった香りは、

枝葉から採れたとは思えないほど爽やかでかつ甘い香りがします。

バランスの取れたその香りは調香師いらずと言われていて、他の精油とブレンドするのはもったいないなと

個人的に思っています。

(ブログの冒頭では「精油をブレンドするの楽しい」とか言ってますけども…大汗)

 

ユーカリやローズマリーに多く含まれる1.8シネオールがニオイコブシ精油の全成分4分の1以上を

占めていることから、鼻や喉の気管支の不調にも効果があると言われています。

また、同成分は頭がクリアになり集中力を高め判断力を増したりすると言われているので、

オフィスでの仕事中に嗅いでみたり、お子様の勉強部屋で香らせるのも良いですね。

(ブログを書いてる今も、何度も何度も何度もニオイコブシ精油を嗅いでますの)

元気ややる気が出る香りのニオイコブシ精油は、朝目覚めた時や出かける時に香らせるのも効果的

ではないかと思いますし、血行促進の効果もあると言われているので、冷えを緩和したり、

むくみを除去したりと皮膚へのトリートメントにも向いています。

 

1.8シネオールの次に多く含まれているゲラニアールとネラール。

これらの成分は香りの持続力が長いとされています。

その為か、その昔山頂でニオイコブシを伐採するとふもとまで香ったという話もあるそうです。

強くて美しい香りがそこはかとなく香ってる。なんて素敵な空間☆彡☆

 

他の精油にみられない、とてもバランスの取れた良い香りのニオイコブシ精油。

手作りボディオイルにも使ってみたいし、無香料のシャンプーやコンディショナーに混ぜても良いかも。

あとルームスプレーも良さそうですね!

多種多様に活用の幅が広いニオイコブシ精油。万能精油の一つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

Top