アロマセレクト ブログ

クロモジの花で幸せを感じて「夏ストレス」を緩和しよう!
更新日 2020/8/25(火)

こんにちは。毎日暑い日が続きますね。集中力が低下したり、暑さで寝苦しい夜が続き、少々夏バテ気味のケイトです。

今回は涼しい部屋にいながら「夏ストレス」を緩和する方法をご紹介します!

 

お花を見る、というストレス緩和法

ストレスは、セロトニンという脳内の神経伝達物質が不足している事が原因の一つと言われています。

セロトニンは「幸せホルモン」や「癒しホルモン」とも言われていますね。このセロトニンはどのようにすれば増やすことができるのでしょうか?

実は、simple! セロトニンはお花を見ることで増えると言われています。

気持ちが安定し、癒しホルモンのセロトニンが分泌されるのです。フラワーセラピーもその方法のひとつですね。

一輪の花でも効果があるそうなので、手軽にできそうです。

 

ですが、お花を飾ってもすぐ枯れちゃうし、買うのもチョットという方もいますよね。でも大丈夫ですよ!

 

「花の写真や絵を見るだけでもセロトニンは増える!」と言われています。

確かに…私の母は花が大好きで、家の至る所に花を飾っています…部屋には写真が何枚も。母はよく「ストレス?ないわね」と言っています。

花がもたらす効果は素晴らしい。

 

ストレスが軽減すると、気持ちが落ち着き、やる気や集中力も出てきますよね。私も大好きなお花を毎日見るように心掛けたいと思います。

 

クロモジの花のご紹介

せっかくなので、お花の写真をご紹介しようと思います。

できるだけ皆様が知らないような、一般的に知られていないクロモジの花をご紹介します。

 

皆様は、クロモジに花が咲くことをご存じでしょうか? クロモジには花が咲くのです。クロモジファンのみなさま、気になりますね!!

クロモジの花はこちらです(↓)

黄色いお花なんですね!

可憐でとても可愛い。眺めていると何だか、自分がしおらしくなった気がします。

 

クロモジは雌雄異株(しゆういしゅ|英語では ”Dioecious” )で雌花と雄花があるんですね。という事は…実がつくのは雌株のみ。身近なものではイチョウの木やほうれん草も雌雄異株のようです。私が普段食べているほうれん草は雄なのか雌なのか気になってきました……

お花の見た目は甘い香りがするっぽい、と勝手に想像しておりましたが、匂いはないです。

 

そして、なんと…!

このお花をアロマセレクトの工場のスタッフが押し花(pressed dry flower)にしました!

押し花にすると可憐さが増しますね!

この繊細な可愛さはなんと表現したらよいのでしょう。ただただ、ずっと眺めてられます。私も来年、クロモジの押し花作りにtryします!

 

そんなお花好きなアロマセレクトのスタッフが後日…クロモジの押し花入りQRコードチャームを作成してくれました!(チャームは残念ながら店舗PR用で販売はしておりません)

可愛いですね!! チャームに顔を近づけて5分ほど眺めてしまいました。

 

こんな、お花と樹木をこよなく愛するアロマセレクトで働くアソシエイト達が、楽しみながら日々みなさまへ森のかおりを発信しています!

 

なお、セロトニンを増やす効果があると言われているラベンダーのアロマスプレーもおススメです。私も早速使用してみたいと思います。幸せな気持ちになれそう。ヽ(*^^*)ノ

 

今日からお花を眺め、クロモジやラベンダーの香りでセロトニンup!「夏ストレス」を緩和してみませんか?

 


執筆者プロフィール

ケイト

写真を見たり撮ったり、のんびり読書や料理をして過ごす休日が好き。

大の動物好き。~WORK EXPERIENCE~医療機関で5年間の事務業務を務め、その後、建築・不動産会社へ転職し営業サポートチームで働く。その中で共通言語でのコミュニケーションの必要性を感じ、アメリカへ留学。帰国後は貿易事務業務、通訳業務等を務めたのちプロジェクトデザインにやってきました。

Aroma Select の事業では、入社前からアロマの愛好家であったこともあり、会社で作っているクロモジの香りに魅了される。この香りが地元富山の樹木を使い、地域の企業で抽出されるという事実に感動。

アロマセレクトが作る最高の香りをもっと色んな人に知って欲しい。この想いを胸に私はアロマセレクトのメンバーとして活動をしています。

 

Pocket

注目の精油商品

工場見学会のご案内

抽出作業体験、アロマスプレー作成、足浴体験など
アロマ好きに大好評の工場見学会を実施しています。

Top