アロマセレクト ブログ

タテヤマスギの精油を抽出
更新日 2015/12/3(木)

タテヤマスギは葉から抽出しています。クロモジやニオイコブシもそうなのですが、精油を抽出する前段階で、香りをものすごく感じる工程があります。

それは、枝葉を粉砕するときです。

本日は立山山麓森林組合さんから仕入れさせてもらったスギの葉から抽出を行います。

 

タテヤマスギの葉

タテヤマスギの葉

 

綺麗な緑色です。

そして背景の黒色は何?

これ、園芸用のシュレッダーの入り口です。

※全体図をどうぞ!と言いたいところですが、写真を撮り忘れて工場を後にしてしまいました。また気が向いたときに掲載いたします。

クロモジやニオイコブシの枝葉を粉砕する際はチッパー(木材粉砕機)を利用していますが、スギの葉はとても柔らかいのでチッパーを利用していません。また、スギの葉を千切ると分かるのですが、精油成分と思わしき物体が手に付着します。

チッパーを利用すると内部部品がスギ精油にまみれてしまう可能性があるのです。スギ専用で一台あれば良いのかもしれませんが、柔らかいものを細かくするなら、やはりシュレッダーでしょう。

さて、話を元に戻しましょう。

このシュレッダーにスギの葉を投入すると、千切れた葉からとても爽やかな香りが漂います。坂本的にはちょっとグレープフルーツに近い香りなのでは?と思うこともあります。

うーむ、写真から香りをお伝えできないのがとても残念です。

精油を抽出した時はものすごく凝縮されているため、濃密な香りが漂います。

一方で葉に鼻を近づけるときは「緑だなぁ」という香りを感じることができます。

葉をちぎっているときの香りは、これらの中間の香りでしょうか。精油を実際に使用するとき(お風呂やディフューザーに数滴使うとき)の香りに近いかもしれません。

淡い香りです。

よくよく考えると抽出するまでの各工程で、濃淡のある香りを楽しむことができるのも、この仕事の嬉しいところです。

(1)仕入れ時・・・緑の香りを楽しみ

(2)粉砕時 ・・・淡い香りを楽しむ

(3)抽出時 ・・・濃縮された香りを楽しむ

(4)抽出後 ・・・かすかに残った香りと湯気のミックスされた温かい香りを楽しむ

(5)足浴 ・・・おいおい、販売じゃないのかい! その前に抽出後の残渣で足浴です。香りだけでなく、足の毛細血管から精油の残り成分をカラダにいただく。

 

(1)~(5)をまとめて販売できるキットのようなものがあれば良いのだがのぉ・・・。

(1)~(5)を楽しみたい方はぜひ工場にいらしてください。

とはいえ、12月に入り、上市の工場も本格的に寒くなってきました。先日から薪ストーブも稼働し始めましたのでちょっと温かくなってからの方がよいかもしれません。

とは言え、寒い冬に工場に来てみたい!というチャレンジャーの方も、歓迎いたします。

 

上市に舞い降りた香りの解説者・坂本より

Pocket

Top