アロマセレクト ブログ

花粉症はつらいよ
更新日 2016/3/4(金)

スギ花粉症の方にとってはつらい季節になってきました…。

本来なら日増しに春めいてくるこの時期は、気持ちもルンルン♪(死語)するはずなんですが、

スギ花粉症の方にとっては、かゆいやら、詰まるやら、悲しいやら、切ないやらで…

お気持ちお察しいたします。わたくしもスギ花粉症なんですっ!!

目のかゆみや鼻づまりに加え、酷い時は耳の穴や顔の皮膚もかゆくなり

しまいには頭もボ~ッとしてくる事も…(ん?いつもか…)

冒頭からネガティブ&自虐で申し訳ありません。

 

さて、アロマセレクトにはタテヤマスギの精油がございます。

スギの精油と聞くとスギ花粉症の方に敬遠されそうですが、

安心してください!(←このフレーズ使うのもう恥ずかしいわ。流行ってこわい)

精油は花粉と同じ刺激は発生しないので、スギ花粉症の方でも問題なく使用できます♪

むしろ、免疫強化作用があり、クロモジと併用して花粉症の治癒に役立つのではないかという考えもあるようです。

そういえば、クロモジには1.8シネオールが含まれていますし、(←1.8シネオールには免疫調整作用、抗去痰作用、抗カタル作用があり花粉症の症状を和らげる効果があるといわれています。)

タテヤマスギの少しツンとする爽やかな香りは鼻がスーッとする感じがあるので、もしかしたら鼻づまりに良いのではないかと思いますけどどうですかね?坂本さん。

この二つの精油は花粉症の症状の緩和に役立ちますかね?坂本さん。

 

と、坂本さんに確認しておきながら、10日程前から花粉症の症状が出始めたわたくしは、日中の外出時にはタテヤマスギとクロモジの精油を垂らしたマスクをしております!!

花粉症対策マスク

花粉症対策マスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスクの外側にタテヤマスギとクロモジを1滴ずつ。

くしゃみも鼻水も出ませんが、なんか香りが良すぎて、ものごっつう癒されます。(これは効果ありというべきでしょうか)

原液だと香りが強いなと思われる方はアロマスプレーにしても良いですわね。

レシピは簡単♪

無水エタノール10ml

精製水40ml (なければミネラルウォーターでもOK)

タテヤマスギとクロモジを合わせて計10滴になるようにお好みで。

作り方は、エタノールに精油を入れて混ぜ合わせ、精製水を加えてスプレー容器に入れて出来上がりです。

いつもの作り方です。簡単ですね。寝ながらでも作れますね。

花粉症対策スプレー

花粉症対策スプレー

 

 

 

 

 

 

 

スプレーにした場合はマスクの内側に吹きかけても大丈夫です。

ハンカチやティッシュにシュッとしてみたり、お部屋やパジャマや枕にシュッシュしておいても良いですね。

目のかゆみにはアロマ冷湿布も効果的です。

水をはった洗面器にタテヤマスギとクロモジを1滴ずつ落とし、タオルを浸してアロマ冷湿布の出来上がり。

目に当てればかゆみと炎症を抑えてくれて爽快感も同時に味わえます。

もちろん眼精疲労にもおすすめです。(冷湿布中は必ず瞼を閉じてくださいましね)

 

毎年悩まされるこの時期のこの症状。

2月の半ば頃になると「もしかしたら今年は治っているかもしれん」(←なんの根拠もなく)と淡い期待を抱くのですが、やはり今年も治っていませんから~!残念!!(古ぅ)

Pocket

Top