アロマセレクト ブログ

試作品ですが・・・
更新日 2016/3/12(土)

日々の寒暖差が激しい今日この頃、皆様体調崩されていませんか?

アロマスタッフの岩瀬です♪(←ついに苗字公表!!!)

3月の半ばはまだまだ寒く、朝起きて「さみぃ…」とつぶやき、また布団にもぐりこむ日常が続いております。

北陸の春はまだ先ね…。と遠い目になっています。(しかし花粉症の症状は出ている…大泣き…)

 

さて、少し前になりますが、生姜精油の抽出が終わったので、試作品の瓶詰作業をしてまいりました。

生姜精油

ショウガ精油

 

 

 

 

 

 

 

初めてのショウガ精油。ショウガといえば、身体を温める作用があることでとても有名ですね。

今回は上市の特産『新生姜』をトライアウトしてみました!

フレッシュな新生姜精油の香りはピリッとしたスパイシーさの中に深い甘さが加わり、心身ともに温かみを感じるものでした。

 

精油では、外国産の『ジンジャー』と日本産の『ショウガ』がありますが、香りを比べてみると、外国産のジンジャーよりも日本産『ショウガ』は、生姜そのものの香りがします。

それもそのはず。『ジンジャー』は乾燥生姜を蒸留しているのに対し、『ショウガ』は採れたて生姜をフレッシュな状態のまま蒸留しているからなんです。

同じ植物でも、乾燥させたもの、そうでないもの、抽出方法や抽出部位によって成分も効能も少し異なります。

『ショウガ』の成分分析が始まれば、効能の詳細もお伝え出来ると思います。

成分分析の結果が待たれますね。

楽しみです(*ˊ˘ˋ*)♪

また、他にも色んな植物から試作抽出しているので、ご紹介できたらいいなと思っています。

 

❁❀✿✾❁❀✿✾❁❀✿✾❁❀✿✾

 

ショウガ精油の瓶詰め作業をしたのは約1ヶ月前の2月10日。

この日は滑川オフィスで午前中ミーティングがあり、午後からはショウガをはじめ、いくつかの芳香液の瓶詰作業をする予定でした。

この時期、上市工場で作業するには寒すぎるということで(一応、薪ストーブ&だるまストーブはあります)坂本さんが作業道具一式を工場から持ってきてくださり、ぬくぬくのオフィス内で瓶詰作業をさせてもらえる事になりました♪(ありがたい)

 

 

が、

 

 

お昼休憩から戻ってくると、「スクリュー管瓶(←芳香液入れる瓶)を工場に忘れてきてしまいました」と坂本さんから衝撃の告白…。

…。

…(๑•́ ₃ •̀๑)

岩瀬「あ、そしたら工場で作業しまーす」

坂本さん「ごめんなさい!!」

岩瀬「全然でーす」(←白目)

作業道具一式と共に上市工場に向かいました。

工場内はやはり激寒でした。

だるまストーブをつけようかとも思いましたが、着火マン的な物を探す元気もなく、ましてこのワタクシが薪ストーブの薪を焚べれるわけもありません。

それに…周りは大事なクロモジの枝等もたくさん積んであり、もしも火事なんか出したら、と思うと恐くて火なんか使えませんでした。

暖かい場所で作業するのをさっさと諦め、車からひざ掛けを持ってきて腰にグルグル巻にし黙々と作業を始めました。

…。

……。

作業開始から数分後…。

し、静か過ぎるっ!!

そして、さ、寒いっっ!!

心の叫びが口をついて出てきます。

その日は森林組合の方も誰一人居らず、ワタクシ独りぼっち(alone)

夏場の酷い猛暑の中でも、よく工場で一人作業しておりました。

「集中出来て良いわー」と思い、楽しんでしておりましたが、冬はなんか違う。

寒さのせいか、寂しい気持ちに。

これは早く終わらせないとー!と気持ちを切り替え黙々と作業を進めました。

黙々

黙々(´-`).。oO

…。

……。

カサカサッ!

ん?えっ?クマ?ʕ*·ᴥ·*ʔ(冬眠中ですから)

ただの風の音にさえビクつく始末。

作業が終了するまで終始こんな感じでございました。

一心不乱に作業を進め、いつもより早く終わったような気がしないでもないです。

無事に作業を終わらせ、家路につく途中のコンビニで買ったミルクティーが、温かくて涙が出るくらい美味しかったです(大げさ過ぎ)

 

❁❀✿✾❁❀✿✾❁❀✿✾❁❀✿✾

 

今回のブログ、ショウガ精油を事を差し置いて、ワタクシのエピソードが大半を占めてしまいましてすみません。

こんなおっちょこちょい(←アタクシの事です。)がアロマセレクトの精油の瓶詰め作業に従事しておりますが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

Pocket

Top