アロマセレクト ブログ

精油成分リモネンについて
更新日 2016/4/6(水)

前回はミズメザクラ精油についてお話しました。

ミズメザクラついでに桜が綺麗だったので写真を撮ってみました。

 

桜

 

桜もいつか抽出を成功させたいものです。

 

さて、話の枕はここまで。

アロマセレクトでは各種精油の成分分析を進行中でございます。
途中経過ではありますが、いろいろな精油に含まれている成分に目を引かれます。
それが、リモネンです。

精油ユーザーの間では、柑橘系に多く含まれる成分として有名ですね。
立山山麓の樹木から抽出していますが、今のところ確認されているのは
クロモジ、ニオイコブシ、タテヤマスギ、ヒノキ(葉)(枝葉)に含まれていることを確認しています。
特にタテヤマスギやニオイコブシはどことなく柑橘系の香りが漂っているのはリモネンのおかげかもしれませんね。

さて、リモネンってどんな物質なの?と言うことで、構造を記してみます。

平面で書くと

 

リモネン

リモネン

 

こんな感じです。炭素原子10個と水素原子16個で一つの分子を作っています。

立体的に描くとこんな感じです。

リモネン立体図

リモネン立体図

 

緑色が炭素、青色が水素です。

精油成分の中では比較的単純な構造をしていますね。

ちょっと性質を調べてみたところ、やはり柑橘系の果皮に多く含まれるとのことで、その特徴成分となっている物質です。

柑橘系の香りのするもの(食材だけでなく洗剤、あるいは軟膏やボディクリームなどの日用品)にも香料として使用されています。

それらが樹木にも含まれているというのがとても興味深いです。

特にタテヤマスギの葉を鼻に近づけたときに柑橘のような香りがしたのは今でも覚えています。

リモネンの効果もあったのかもしれませんね。

リモネンってどういう作用があるのでしょうか。

 

  • 不安の解消
  • 代謝を促進(ダイエット?)
  • 免疫力の効果

 

といったものがあるようですね。

リラックスやリフレッシュにも適した香りと言えますね。

 

柑橘系は特に、女性に人気がありますが、タテヤマスギが女性に好まれるというのも同様の香りによるのかもしれませんね。

ユズやミカンなどもテスト的に抽出したことがありますが、水蒸気蒸留では非常に爽やかな香りの精油が抽出できました。

柑橘系も今後、製品化できるものがあればいいな、と思っています。

Pocket

注目の精油商品

工場見学会のご案内

抽出作業体験、アロマスプレー作成、足浴体験など
アロマ好きに大好評の工場見学会を実施しています。

Top