アロマセレクト ブログ

阿蘇の温泉の思い出
更新日 2016/4/17(日)

おはようございます。
アロマセレクトスタッフの坂本です。

 

熊本ではまだ余震が続いているようです。
早く落ち着くこと、平常な生活を送ることができることを願っております。
また、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

今日はアロマとはちょっと関係ありませんが、個人的な熊本の思い出をお話させていただければと思っています。

 

前職の頃、熊本にはお仕事で何回か立ち寄らせてもらいました。
その時は決まって阿蘇の温泉地に宿泊しておりました。
仕事で行くときは毎回毎回、仲間スタッフが約10人ほどいたため、宿泊地は私だけの問題ではありません。
例えば10人のスタッフがいるとしたら、価値観はそれぞれです。

 

  • 仕事場の近くに宿泊したい
  • 温泉がいいけど個室のあるところがいい
  • (坂本のように)趣のある宿がよい(ちょっと年季の入った宿)
  • 朝食はバイキングのホテルで

 

等々、直接の要望はなくとも、各自の好みがあって、宿によって仕事のパフォーマンスが変わってくることもあるかもしれません。
(もちろん仕事は100%でしますし、宿によってパフォーマンスが変わることはあってはなりませんが、でも人間ですから少しはあるかもしれませんね。宿によってパフォーマンスが悪くなるというよりは、宿によってパフォーマンスがさらに向上するといった感じでしょうか。)

 

そういうわけで、各人の好みが様々ですから、どんな宿を押さえても皆から「良かった」と言われることは少ないのです。

 

でも、熊本の温泉を宿泊地に選んだ時、皆からありがとうと言われたのは今でも思い出されます。
その職についてまだ間もなく、まだまだ慣れない時期で、厳しいスタッフの皆から怒られることはあっても褒められたりお礼を言われたりすることはなかなかなかった頃に、ありがとうという言葉が心に沁みたのが熊本の温泉でした。

前日泊は阿蘇でしたが、当日は朝から福岡で仕事だったため、現地で宿泊するよりも1時間半ほど早くに起きなくてはならなかったのです。

それでも皆からありがとうと言ってもらえたのは素直に嬉しく思ったのは若かりし頃の思い出です。

 

もちろんその日の仕事は大成功でした。

この出来事は今の私の人格形成に影響を与えてもらったことの一つだと思っております。

そんな思いを起こしながら、被災された方、被災された地域に対し、私でもできることを例えささやかでも探したいと思っております。

 

清風荘
http://jigoku-onsen.co.jp/

(何度か利用させていただきました清風荘、こちらのスタッフさん、宿泊客の皆様は自衛隊のヘリで無事に脱出できたそうです。)

Pocket

Top