アロマセレクト ブログ

タテヤマスギ精油の気分
更新日 2016/5/15(日)

おはようございます。

富山でG7の環境大臣会合が始まりましたね。

富山駅や路上でも警察の方々の警備が目につきますね。

昨日はライトレールに乗りましたが、ライトレールの中でも富山県警の人が張りついていましたね。

思わずクロモジ精油を取り出して

「リラックスにどうぞ」と呼びかけたくなってしまいました。

 

 

クロモジ

クロモジ(上野さん撮影)

 

 

常にトランシーバーでの状況連絡をとりながら、不審者はいないか?異臭はしないか?と五感を張り巡らせているのでしょう。

そんなところに自然の香りとは言えども、精油をお渡しすると、異臭か?と疑われてしまうかもしれませんね。

集中力を高めるためにニオイコブシ精油の方がよいかな?

 

 

ニオイコブシ

ニオイコブシ(上野さん撮影)

 

 

そんな問題ではありませんね。

 

さて、環境省会合の開催となると、やはり日々の生活あるいはアロマセレクトの環境とのかかわりに思いを巡らせてしまいます。

アロマセレクトもまだまだ小さな一歩ではありますが、もっともっと環境面での貢献を進めたいなぁ。

間伐材の利用をもっともっと進めれば、

 

廃棄される間伐材の放置が減る → 森の光があたり風通しもよくなる → より元気な樹木が育つ → 樹木視点では養分吸収量が増える(人間視点ならばCO2吸収量が増える) → 間伐すると良い樹木の量が増える → 利用する

 

と言った流れでしょうか。

日本の森林は、まだまだ間伐を進める必要がある箇所が多いようです。

もちろん際限なく間伐を進めることにはならないと思います。

利用を進めれば、いずれは間伐量と元気な森林のバランスがとれる時が訪れるはずです。

それまでは環境のサイクルというよりも環境のスパイラルを目指していくのが良策でしょう。

環境の先進国として、森林先進国として、ぜひ環境現場をG7の環境大臣に見てもらいたいと思います。

我々も知恵や知識を提供し、環境大臣からも知恵や知識を提供してもらう、それぞれに知っていることを全力で伝えきれると素晴らしいなと思います。

ちょっと上から目線になってしまいますが、そんな環境大臣会合を立山のスギになったつもりで、見守りたいなと思います。

今朝は、タテヤマスギの精油を入れたシャンプーで髪の毛を清めておきました。

 

 

上野さん撮影

タテヤマスギ(上野さん撮影)

 

 

そうそう、各国の環境大臣と言うと、女性が多いようですね。

代理の方が来ることもあるようですので、大臣自体はどれほど集まっているのでしょうか。

日本の環境大臣も半年ほど前までは男性でしたが、今は女性の丸川珠代さんですね。

笑顔の素敵な元アナウンサー(?)でしたっけ。

ちなみに初代環境大臣も女性の川口順子さんです。

女性大臣の皆さん、精油に興味ありますかね?

Pocket

Top