アロマセレクト ブログ

ストレス対策
更新日 2016/5/30(月)

坂本です。

笑点では、昇太師匠が初司会、お見事でした。そんな週末も終わり、本日からまた1週間が始まりますね。

 

昨晩は珍しく夜に目が覚めて、家で仕事でもしてみようかな、と思ってパソコンを開いてみましたが、強制的にWindows10へのアップグレードが始まってしまい、パソコン作業をすることができませんでした。

家に仕事を持ち込むなという我が家の守り神・クロモジ様の思し召しですね。

 

さて本日は1週間ほど前の、読売の新聞記事を紹介したいと思います。

5月22日朝刊のくらし面に掲載されていました。

 

オフィスにアロマや音楽

 

5月22日読売朝刊

5月22日読売朝刊

 

最近は、オフィスでのリラックスのためにアロマを使用しているところも出てきているようですね。

 

昨年2015年12月から企業へのストレスチェックが義務付けられたこととも関係しているようです。

 

企業へのストレスチェックとは、従業員50人以上の企業に年1回以上義務付けられていて、従業員のストレスの度合いを数値化して示すという取り組みです。

ストレス社会と言われて久しいですので、ストレス緩和と合わせての対策となっていきます。

実際に、ストレスチェック対応に関するお問合せもアロマセレクトにいただいております。

 

 

さて、記事の内容について、アロマ部分について要約してみますと、

 

  • 三井デザインテック(東京)では座る場所が特定せず、オフィスに入ると、芳香が社員を迎えいれてくれる。
  • 緑化やアロマをオフィスに取り入れ働きやすさが向上した社員が8割以上
  • 仕事が効率化し、一人あたりの残業時間が月に8時間以上低減
  • 芳香を漂わせることで、パソコンのタイプミスが軽減したというデータもある。
  • ただし、アロマは個人の好みの差が大きいため、強い香りはNG。ほんのり香る程度が良い。

 

と、まぁ、こんな感じですね。

アロマだけでなく、緑化や音楽を取り入れるという取り組みも行っているようです。

実際に、このような効果を数値で表してくれると、精油を作っている私としても嬉しいことです。

 

アロマセレクトの精油を使ってもらうことを想像すると、、、

 

夏はタテヤマスギ精油のみずみずしい香りで涼やかに感じてもらい、秋は森の深くを感じられるクロモジ精油の香り。

冬はヒノキ精油の温かい木の香りを感じてもらう。春はニオイコブシ精油で冬からの目覚めの香り。

 

こんな風に想像してしまいました。

 

さて、坂本はパソコン作業はアロマの工場で行うこともあれば、オフィスで行うこともあります。

記事のようにタイプミスのことを思い浮かべると・・・、確かに工場のアロマの香りが漂う環境の方がタイプミスが少ないかも!と言いたいところですが、これは分かりません。

タイプミスを測定するアプリでもありませんかね?

今、オフィスでこのブログを書いていますが、気のせいかタイプミスが多いような気がします。

アロマを焚いてみることにします。

 

ぜひ皆様もアロマを日常、仕事などに取り入れてみてください。

Pocket

Top