アロマセレクト ブログ 精油の科学カテゴリ一覧

さて、前回、4月から加わった香りのスペシャリスト・中氏の修士論文の触り部分を紹介しました。 匂い判別のメカニズム ~精油の香り~ https://aroma-select.jp/blog/759 今回はその続きです。 今回のトピックスは 香りの判別には大まかな認識と詳細な認識がある 2つのトピックスについて解説したかったのですが... 続きを読む
ちょっと間があきましたが、成分についてのご紹介を久しぶりにしたいと思います。 これまで進めてきた成分分析の中で、坂本は何かがひっかかっておりました。 モヤモヤというかなんというか・・・。 そのひっかかり、モヤモヤの正体が分かりました。 ミルセンという物質です。 あちらこちらで見かける名前だったので気になっていたのです。 それぞれの精油を縦割りで見ておりましたが、... 続きを読む
坂本です。 化学出身ということもあり、どちらかというと専門的な記載については化学的アプローチがもっぱらでした。 ところで、この4月から仲間が加わりまして、別業務に従事しているのですが、彼はなんと大学時代に神経科学を専門として研究しており、その中で題記のような通り匂いを判別する脳内のメカニズムのようなことを調査していたようです。 ということで、大学院時の卒業... 続きを読む
先日、富山県の北日本新聞さんの紙面で興味深い記事がありましたので、ご紹介です。 Yahooの北陸地域版にも掲載されております。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00048833-kitanihon-l16 富山大に脳科学拠点、記憶や情動の仕組み解明目指す 精神疾患予防・治療へいうタイトルの記事です。 アロ... 続きを読む
こんにちは。坂本です。 今回は、精油成分の中でも、巷で美肌効果として知られている成分について紹介したいと思います。 バラに含まれる成分 この成分は、バラの精油に含まれるということで有名らしいですね。 バラと言うと、絶世の美女と言われ、世界三大美人の一人に数えられるクレオパトラが好んでいたお花ですね。 バラをお風呂に入れたり、あるいはシーザーらと会う時に... 続きを読む
前回はミズメザクラ精油についてお話しました。 ミズメザクラついでに桜が綺麗だったので写真を撮ってみました。 桜もいつか抽出を成功させたいものです。 さて、話の枕はここまで。 アロマセレクトでは各種精油の成分分析を進行中でございます。 途中経過ではありますが、いろいろな精油に含まれている成分に目を引かれます。 それが、リモネンです。 ... 続きを読む
桜の季節がやってきましたね。日本のあちこちで桜が開花しております。 私もお花見に行きたいところですが、やんちゃな息子たちは「花より電車」が好きなので、どちらかというと休日は電車ツアーに行かざるを得ない状況です。 とは言え、電車の中からも桜は見えますので、それでお花見気分といきたいと思います。 さて本日はタイトルにある「ミズメザクラ」という樹木から抽出する精油のお話です ミズメザクラ... 続きを読む
前回は1,8-シネオールについて解説してみました。 ところで、アロマセレクトスタッフの岩瀬嬢の愛するクロモジに含まれる成分の中で約半分の50%を占めるリナロールについてはあまりきちんとお話したことはありませんでしたね。 そこで本日はリナロールさんのお話です。 リナロールには、鎮静効果や抗不安効果、抗菌効果などがあり、フレッシュな香りから、化粧品や香水など様々な用途で用いられています。 ... 続きを読む
クロモジ精油にはリナロールが多く含まれています。 タテヤマスギ精油にはα-ピネンが多く含まれています。 その他にも植物から抽出した精油には様々な成分が含まれていることが多いのですが、本日は1,8-シネオールについて雑感を述べたいと思います。 まずこちらが構造式。 一つの分子を作るのに、炭素が10個、水素が18個、酸素が1個含まれています。 なかなかに複雑な形状... 続きを読む
前回までのまとめ さて、これまで精油抽出の工程を2回記しました。 精油抽出はここから始まる。クロモジ伐採のご紹介 https://aroma-select.jp/blog/648 クロモジを山から伐採する作業を紹介しました。 精油抽出 ~枝葉処理~ https://aroma-select.jp/blog/656 伐採してきた枝葉を粉砕する... 続きを読む
4 / 512345
Top