生態系サークル

世界には多種多様な植物・動物・生物が存在します。
土から植物が生まれ、植物を動物が食べ、動物を微生物が分解してまた土に還る。
そうした生態系サークルが自然環境の中では作られており、
健全に循環することですべての生物が幸福に暮らしています。
AROMA SELECTは10年後、20年後の未来に、人類を含む自然にとってより良い環境を作れるように
生態系サークルを保持・改善していくことを目指しています。

生態系サークル

保全と保護について

私たちと自然との関わり方には「環境の保護と保全」という2通りが考えられます。
この2つを明確に分けて考えられる機会は少ないのではないでしょうか?
保護とは、人が立ち入らず、手入れもしない状態のことで、人と自然の距離を置くことで環境を守る方法です。
人が手を出すこと自体が環境に悪影響を及ぼすという考え方に基づいた手法であるとも言えます。
一方、保全は人が自然に手を加え環境を管理することで、現状を守るあるいは改善させるという考え方です。
こちらはより積極的に自然環境に人が参加していく方法です。


現在、人と自然は別々のものであり
「人が手を加えない、ありのままの状態が自然のあるべき姿だ」
という考え方が少なからず存在します。
しかし、本当に人は自然環境に悪影響しか与えることができないのでしょうか?
自然環境を破壊してしまうような外来種の駆除や有害物質の除染は、人間の手が加わらなくては難しいでしょう。
人間は、生態系サークルが潤滑に回るように自然環境を整える、バランサーとしての役割が果たせるのです。


人もまた自然の一部。天然自然から生まれたものです。
共に生きていく、「共生」とは、環境に手を加えることでこそ実現できる自然環境の発展もあります。
AROMA SELECT ではそのように考えています。

人の活動を含めて生態系サークルが循環することで、森も人も元気になる。
そのような自然環境を作り出していくことを目指しています。