おすすめのAROMA SELECT活用方法.1

自宅で活用する

ディフューザーを利用して、精油の香りを部屋に拡散します。リラックス効果の高いリナロールを含むクロモジや、森林浴効果の高いスギやヒノキがお勧めです。また洗面器に熱めのお湯を張り、精油を1〜2滴加えて蒸気を顔にあてるとフェイシャルスチームでリラックスすることもできます(その際は目を閉じましょう)。バスタオルで洗面器と頭を覆うと香りを閉じ込めることができます。

リラックスタイムに

リラックスタイムに

お風呂(200リットル)に1〜5滴の精油を垂らして入浴します。日本人にもなじみの深いヒノキ風呂の香りを楽しむこともできます。精油は水分には溶けにくいため、天然塩に精油を混ぜたバスソルト(天然塩大さじ1杯に精油1〜5滴を入れて、混ぜ合わせます)を作り、お風呂に入れると良いでしょう。
フローラルウォーターの場合、500ml~1000ml入れると良いでしょう。

入浴タイムに

入浴タイムに

ディフューザーを利用して、精油の香りを部屋に拡散します。リラックス効果の高いリナロールを含むクロモジや、森林浴効果の高いスギやヒノキがお勧めです。また洗面器に熱めのお湯を張り、精油を1〜2滴加えて蒸気を顔にあてるとフェイシャルスチームでリラックスすることもできます(その際は目を閉じましょう)。バスタオルで洗面器と頭を覆うと香りを閉じ込めることができます。

寝る前に

寝る前に

ディフューザーを利用して、精油の香りを寝室に拡散するのも良いですし、手軽に楽しむ場合にはティッシュペーパーやハンカチに精油を1、2滴しみ込ませたものを枕元に置いておくと良いでしょう。リラックス効果の高いクロモジや安眠効果の期待できるスギがお勧めです。

おすすめのAROMA SELECT活用方法.2

オフィスで職場で店舗で活用する

長時間のデスクワークや肉体労働で疲れた心身を休めたり、あるいは元気にしたりする際に精油を使うと良いでしょう。また、ディフューザーを用いてエントランスやロビーに香りを充たし、「香りでおもてなし」をするとお客様に喜ばれるでしょう。

デスクで

デスクで

狭い空間で手軽に香りを楽しむためには、ティッシュペーパーやハンカチに精油を1〜2滴しみ込ませてデスク上に置くと良いでしょう。あるいは熱湯を張ったマグカップに精油を1〜2滴加えてほのかな蒸気とともに香りを楽しむこともできます。リラックスしたい時にはクロモジの香りを、元気を出してもう一頑張りという時にはニオイコブシの香りがお勧めです。

受付で香りでおもてなし

受付で香りでおもてなし

お客様の行き来される受付にディフューザーを設置し、森の香りを感じていただくと良いでしょう。午前中は元気の出る香り(ニオイコブシ)にして、午後から夕方にかけてはリラックス効果の高い香り(クロモジやスギ)を利用するのもお勧めです。ヒノキの香りはリラックス効果とリフレッシュ効果を併せ持ちますし、日本人には懐かしく且つ馴染のある香りですので、嬉しい「香りのおもてなし」です。

応接室に

応接室に

ディフューザーを利用して部屋全体に香りを広げましょう。嗅覚は感情を司る感覚ですから、部屋に入ってきた時に「良い香り」を感じていただくことで、リラックスして商談や打合せに入れると良いですね。