エッセンシャルオイルはアロマオイルと違うの?

エッセンシャルオイルは、100%天然のもの。アロマセレクトでは、富山の樹木から抽出した100%天然のオイル。アロマオイルもエッセンシャルオイルも香りを楽しむ目的は同じですが、お風呂に入れたり、アロママッサージで使用したり、肌から成分を取り込む場合は、エッセンシャルオイルがお勧めです。もちろん、エッセンシャルオイルも原液のままでは、触れてはいけません。十分に希釈して、エッセンシャルオイルを利用してください。

精油を楽しむ3つの方法

1.嗅ぐ

1.嗅ぐ

嗅覚は論理的な思考を経ずに「好き」や「嫌い」という感情を直接的に判断する特別な感覚です。アロマセレクトのディフューザーセットを利用して部屋全体に香りを広げたり、あるいは精油をディッシュペーパーやハンカチにしみこませてデスクに置いて狭い空間で香りを楽しむことができます。他にもマグカップや洗面器に熱湯を張って精油を1、2滴加えることで、蒸気に香りを乗せて楽しむこともできます。香りを楽しみつつ、同時にリラックスしたりあるいは元気を促進したりといった心身への効果も期待できます。

2.入浴

2.入浴

嗅覚からだけでなく、皮膚からも精油を取り込むと効果的です。その中でも入浴時の精油利用がお勧めです。お湯(約200リットル)に精油を1〜5滴加えると良いでしょう。天然塩大さじ1杯に精油を1〜5滴混ぜ合わせたものをお風呂に入れると、より効果的です。精油は分子構造が小さく親油性の性質もあるため、皮膚からもスムーズに成分を取り込むことができます。蒸気にのって嗅覚から取り込むこともできますので、1日の始まりの朝風呂にも、1日を締めくくる夜風呂のどちらにも、精油を使った入浴はお勧めです。

3.アロママッサージ

3.アロママッサージ

ご夫婦や親子でも肩もみや肩叩きをする風景はよく見られますよね。たまに趣向を変えて、精油を用いたハンドマッサージはいかがでしょうか。植物油(オリーブオイルやスイートアーモンド油やライスキャリアオイル)15mlに精油を3滴加えて混ぜるだけでマッサージオイルの出来上がり。自分の手のひらによーくオイルを馴染ませてから、相手の腕や手のひら、手の甲に刷り込むようにマッサージしましょう。

Top